mhw:アイスボーンはクソゲ・・・いやこれは・・・?




どもです。ついに出ましたね、モンスターハンターワールドアイスボーン

とりあえず発売して土日で20時間ぐらいやりましたが・・・。

半分も進みませんでした。アイスボーンすげえ。

自分は前の記事で、MHWをクッソバカにしていた記事を書いていました。

うーんでも・・・やっぱりモンハンは楽しかったです。結論。

色々感想書いていきましょうか。




コンテンツ量が凄い。こっち本編だろ。やっぱり歴代看板モンスは・・・良い

前回の記事の最後の方で一番の問題はコンテンツ不足であるのようなこと書いていましたっすね。

このアイスボーンでいい感じに克服できたんじゃないでしょうか。

やっぱり、単純にモンス不足・クエスト不足がワールドにはあったんですよね。ただでさえモンスが少ないのにそれをループで繰り返し歴戦を狩り歴戦を狩る、と目的が薄い味のないガム状態だったかと思います。

それをなんとかした今回のモンスターの追加量は単純にすごいと思いますね。

今回は「歴代看板モンス」「新追加モンス」「ワールドモンス亜種」「懐かしいやつら」これらを少なくとも3体以上づつ入れてきたのはかなりのコンテンツ量なんじゃないですか。

あとやっぱり歴代看板モンスは嬉しいですね。やっぱりモンハンってなんだかんだ懐古厨が多いと思うんですよね。そういう者どもにとっては、昔の強敵(ライバル)たちと再び相まみえることができるのはサイコーなんですよ。

しかもワールドって久々の高グラフィックなSONYハードのモンハンじゃないですか?今までそのびみょいグラフィックだった分、最新のリブートされたモンスター達と戦えるのはほんと、心躍るったらたまんないですね・・・・

新アクションが案外楽しい、あんま使ってなかったパチンコに光明が見えた。

新アクション、その名も「クラッチクロー」これは乗りとは別の新たなる敵にしがみつくためのアクションで、例えるならば「ドラゴンズドグマオンライン」のしがみつき・揺さぶる(でしたっけ?)に近いアクション。

ドラゴンズドグマを良く知らない人に説明すると、クラッチクローはかぎ爪の付いたフックを敵に引っ掛け、それがヒットすると急速にワイヤーを巻きとりモンスターの身体にしがみつけるアクションて感じですかね。

確かドラゴンズドグマのしがみつきアクションは無条件で相手にひるみを与えられるアクションでありモンハンの乗り状態のように無敵でしたが、今回のクラッチクローは使用することにリスクもあり、引っ付いている間にモンスターの攻撃は普通に喰らってしまうので安易に繰り出すと手痛い反撃をもらってしまします。

モンスターの身体に引っ付いた後は、そのまま武器で攻撃することと、スリンガー全発射というアクションを行うことができる。

クラッチクローで武器攻撃をするとなんとその部位の肉質を軟化させるという効果があり、その攻撃の威力もそこそこあるので積極的に狙っていきたいアクションなんですが、個人的にはスリンガー全発射というアクションが、個人的に価値を感じていなかったスリンガー弾に新たな戦略性が生まれた感じておりかなり楽しいとおもってます。

スリンガー全発射は、もうその名の通り手持ちのスリンガー弾を引っ付いている部位に全弾ぶちかます技です。これ自体が普通にキモティ–んですけども、スリンガー全発射はモンスターの頭部に当てることによりぶっ飛ばしという効果が発動します。

このぶっ飛ばしが決まると、モンスターはあわわと吹っ飛んでいき、この時に壁に当てることができると確定でダウンを取ることができるんです!!!

これを狙ってスリンガー弾への信頼度というか利用価値がかなり高まり、スリンガーを含めた戦略性がかなり高まったんじゃないですかね?

実際アイスボーンになって、新アクションはガンガン使っていますしそれを使っての狩りアクションは「ああ新しいモンハンだな、楽しいな」と思えたのでかなり当たりの追加要素だったかと思います。

強いて言えば本編で欲しかったですがね・・・。

ワールド本編のダメだったところが色々アイスボーンで面白くなった感がある。

今回、短めなんですけどこんなもんですかね。

やっぱりシームレスマップという新要素だけは今もあんまり好きじゃないんですが、今回のdlcでスリンガーシステムも面白いと思えたし、なんのためのフックアクションなんだよっていうあの腕の装備の意味も分かりましたし、なによりもやっぱりモンスターが増えたことによるコンテンツ量の充実が一番よかったんじゃないかと思います。

どうしてもモンハンって作業ゲーになってしまうのはしょうがないと思うんですよね。

それをどうやっていっぱいプレイヤーに楽しんでもらうかって考えると、手っ取り早いのがモンスターの総量を増やすことだと思うんですよね。やっぱり。

それを満足できる量で保ててなかった本編はやっぱり文句があったんですけど、今回のアイスボーンで補うことはできるんじゃないかってぐらいコンテンツ量はあると思いますね。

つまり何が言いたいかというと、モンスターハンターワールドアイスボーンがあって完成しているということです。

ということは完全版商法みたいなもんなので、つまりクソゲーですね。

はい、なのでただいま本編はかなり安くなっておりアイスボーンとセットで買っても最近の新作とさして変わらないお値段になっていますので、ぜひモンハンワールドを購入する際はアイスボーン込みで購入することをおすすめいたします

では!


【PS4】モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション カプコン [PLJM-16446 PS4 MHW アイスボーン マスターエディション]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »